東京・母親の遺体放置の疑いで娘を逮捕!「母の死亡届を出すと、父の遺族年金がもらえなくなると思った」

母親の遺体放置の疑いで娘を逮捕

父親の遺族年金を受け取り続けるため、死亡した96歳の母親の遺体を4か月間にわたって自宅アパートに放置したとみられる58歳の女が、警視庁に逮捕されたことが分かった。

女は容疑を認めているという。

スポンサードリンク