フジテレビ局内からも聞こえる笠井信輔アナの“嫌われぶり”がスゴい!「常にどこか上から目線で…」

「87年入社の評価は、社内的にもバブル期採用の“実力なしの浮かれアナ”の典型というところ。アナウンス技術は壊滅的で、まともにニュース原稿を読ませられないにもかかわらず、常にどこか上から目線。この数年は、積極的にスタジオ内で自説を振りまきますが、いつもピント外れでウザさが増していて、よく小倉さんをイラつかせていますからね。有名なのは、番組のエンディングで同番組の公式ブログ『WEBとくダネ!』の話題になったときに、笠井が『文章がおもしろいですよね。スタジオよりも面白いときがあるんですよ』と発言したこと。瞬間、小倉さんの顔色が変わり、『何それ、何その言い方!』とブチ切れた瞬間、番組は終了。CM入りして事なきを得ましたが、あの後番組が続いていたら、放送事故級の雰囲気の悪さを全国に見せつけることになったはずです」

先日は、眞子さまと小室圭さんの結婚のニュースに、眞子さまの「マリッジブルー」だと言いはじめ、スタジオの誰からも賛同を得られずオールスルーされている。

「かつての後輩、滝川クリステルを呼び捨てにしたり、番宣に来た新垣結衣と関ジャニ∞・錦戸亮に『もっと元気よく!』と声をかけては炎上しています。そのたびに、現場からは『あ~あ』というため息が聞こえてきます」(同)

要は、男子アナ界の“おしゃべりクソ野郎”ということか。彼が看板番組の主要ポストを任されることは、今後もなさそうだ。

スポンサードリンク